メンテックの強み

メンテックでは、規模の違う工事であっても、
それぞれに適応できる万全の施工体制を整備しています。

各項目ごとに一定の基準を設け、実行・管理できる体制があり
お住いの方々の日常生活や安全面にも配慮した、
高水準な施工が可能です。

01 事前調査

事前調査で現状を正しく把握し、適切な工事を選択。

人が定期的に健康診断を受けて、早期に病気を克服出来る様に、建物も健康診断(事前調査)を行う事で、劣化や 不具合の早期発見が可能です。現在の状態や修繕に係わる費用の目安を数値化でき、建物の維持、資産価値の向上、 耐久年数の向上を実現します。効率的な修繕が可能になるため、修繕費用の削減にもつながります。

当社の特徴は、特殊機器・最新機器による 正確な調査。

事前調査では、対象となる建物のカルテを作成します。一般的な調査はもちろんのこと、正しい知識を習得した 有資格者による特殊機器・最新機器を用いた診断ですので、現在の状態をより正確に数値化し、綿密な計画のもと 工事を行います。

【事前調査の種類】

外壁やコンクリートの打診調査
調査目的

雨や紫外線などの外的要因で劣化した外壁は、下地とタイルに洞窟ができて割れや浮きにつながり、剥落の危険性が高まるのを未然に防ぐため。

調査方法
打診調査
壁面を打診棒で叩き、その音で浮きの判断をする
  • 人の手による詳細な調査で正確性が高い。
  • 壁面を叩いた反響音や手の感触が生かされる。
赤外線調査
建物外壁タイルなどの浮きを赤外線カメラで撮影し、映し出された色の違いで浮きを判断する。
  • 足場組やゴンドラ設置に要する費用と時間のコストが抑えられる。
  • タイルやモルタル等から放射される赤外線(熱エネルギー)をカメラが感知する
    ので人体への危険性はない。
外壁の打診調査している写真
高所調査
調査目的

外的要因の他、経年化に伴う建物の劣化や損傷を把握し、雨漏りなどを未然に防ぐことができる。

調査方法
ドローン調査
リモコン操作で上空に飛ばし、空撮を行う。(免許取得者が、一人で操作可能)
  • 高層建物の屋根や高所壁面などの調査を、足場不要で手軽に行える。
  • リモコン操作なので、劣化や破損を様々な角度から鮮明な映像で正確に撮影できる。
ドローンの写真
塗膜付着力検査
調査目的

事前に旧塗膜の種別を知ると共に、塗膜の持つべき重要機能である下地との密着が、現状どの程度保たれているかを事前に知ることで、確かな施工方法を選択するため。

調査方法
引張試験機
付着強度を測定し、塗膜の劣化状態を確認する。
  • 塗装仕上げ材の選定により建物の耐久性の向上が図れる。
引張試験機の写真
防水層調査
調査目的

建物の屋上にある防水層の状態を調べます。劣化・破損はもちろんのこと、排水溝の詰り植物の繁茂等の問題が発生している場合もあり、事前調査で把握します。

調査方法

防水技能者やメーカーと同行し既存防水層の調査、建物の形状調査、アンカービス固定の強度調査。

  • 耐久性を考慮し工法の選定、納まり図の作成。
防水層の写真
外壁タイル内部調査
調査目的

外壁タイル内部の状況がどういった状態なのかを判断する為。

調査方法

タイルに穿孔し、そこにスコープを入れて確認する。

  • 映像で確認できる為、補修工法を選定できる。
スコープの写真