次世代省エネ建材支援事業開始!

ようやく福岡も緊急事態宣言から解除の光が出てきてますね。

ですがここで気を緩ませると元の木阿弥です!慎重に行動していきましょう!

さて、この度コロナ禍により工事自粛ムードでしたが補助金の公募がスタートした為報告させていただきます。

次世代省エネ補助

次世代建材補助(最大200万円)

  • 内断熱パネル設置が必須項目(この商材プラス下記のどれか)
  • 内窓設置
  • 玄関ドア取替
  • 調湿建材(エコカラット・調湿板など)

断熱リノベ補助(どれか一つでも可)※最大120万円

  • 内窓設置
  • ガラス、窓(断熱建材)工事
  • 蓄電池(2021年3月末までにFIT契約が終了する方)

 

という補助がスタートしました。ちょっと難しいですが説明します。

次世代建材補助とは、指定される建材を使用する事で省エネ促進の還元を行う制度です。断熱パネルをどこかの壁に使用する事が前提で、その工事プラス窓やガラスの更新工事(指定建材)や玄関ドア取替(指定建材)、調湿建材(匂い軽減・湿度調整)を行う事で最大200万円(工事代の1/2)が還元されます。※戸建て住宅

断熱リノベとは断熱パネルを設置する前提が必要なく、断熱に関する工事として内窓工事や窓、ガラスの交換、住宅限定ですが蓄電池の設置など、どれか一つの工事でも最大120万(工事代の1/3)が還元されます。※戸建て住宅

 

5月11日から公募がスタートしてます。ので断熱工事に興味がある方や工事費用を安くしたい方など詳細は担当にお聞きください。

申請書類等ありますが代行して行う事も可能です。

ぜひ使える制度は使って費用を抑える事をお勧めします。

その他にも地域によって補助制度があるため色々ご相談ください。

関連記事